ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の会社組織の硬直化と日本の労働環境の劣悪さが、イノベーションを阻害する

今回は珍しく、社会的な考察について書きます。


皆さんはイノベーション(革新)という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

イノベーション(innovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術の発明と誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指す。
Wikipediaより。

以上のような定義をされるイノベーションですが、昨今の日本では盛んにこのイノベーションという言葉が叫ばれています。あっちを見てもイノベーション、こっちを見てもイノベーションです。

なぜこんなにもイノベーションということが言われるかというと、イノベーションは凄まじい利益を生み出すからです。それまでに無かった新しい形態やコンセプトというのは、イノベーションを使った商品それ自体の売り上げだけでなく、特許や著作権という形でも利益を生み出します。今や先進国にとって、このイノベーションを作りだし、その権利を守ることは死活問題になっているのです。


しかし、今現在の日本では、このイノベーションが上手くいっていない、イノベーションが生み出される量が少ないと言われています。

それは何故なのか? 私はぶっちゃけ、日本の会社組織とその労働環境に問題があるからだ、と思ってます。


イノベーションって、人間の創造性に頼るところが非常に大です。それまでに無かったものを生み出そうとするのですから、既存のものを改善してもイノベーションは生まれたりしません。創造というある種の飛躍がないと、イノベーションは生まれないのです。
そして人間の創造性って、当人のメンタルやフィジカル、周囲の環境に大きく左右されるんです。

何か新しい、価値あるものをを生み出そうとするときには、その当人に「自発的な意欲」があることが前提条件になります。これが知りたい! とか これがやりたい! ってやつです。
自発的な意欲は日常的な学びを生みます。そして日常的な思索をも誘発します。学びは知識の蓄積に繋がり、その知識が消化されて思索を経ることで、アイディアが生まれます。そしてこのアイディアの中から、世界を席巻するようなイノベーションが創出されます。

ですが、このサイクルは非常に脆く、阻害されやすいという性質も持ちます。例えば、当人のメンタルの状態が劣悪だと、そもそもアイディアが浮かんできません。フィジカルが劣悪だと学ぼう、考えようとする意欲さえ失われます。

んで、今の日本の会社組織には、このメンタルとフィジカルを悪化させる要素がてんこ盛りですね。ブラック企業、サビ残、人間関係の軋轢、会社組織の硬直化、リストラ、etc

こんな状況でイノベーションが生み出せるか? 無理に決まってるだろオイ
ってことです。

平日夜遅くまで残業してにクタクタになるまで働いて、休日は家で寝てるだけで何もする気が起きない、みたいな生活してて何か新しいことが考えられるわけねーです。

また、会社でも「こういうことがやりたい」と言っても、「却下」しかされないような硬直化した組織にいると、そもそも「やりたい」という思いすらスポイルされます。
人間の創造力を上手く引き出してやることができない、そうした環境を整備できていない組織でイノベーションを起こすのは難しいでしょう。
(これは会社組織だけでなく、日本の文化にも問題がある気がしますが……)


まとめると、不幸な状態から革新的なものを生み出すことなんてできっこない、ってことですわ。


ですので、イノベーションが生まれる頻度をより多くしたいと思うのなら、まず会社組織の改革と、労働環境の劇的な改善が必須条件になると考えます。
んでもって、これらを成し遂げられない会社は緩やかに(もしくは劇的に)衰退することになると思います。
そう考えると、ブラック企業と呼ばれる会社は、日本の未来と自社の未来を切り売りしてお金に変えていることになりますね(あと従業員の未来と命も) わりと洒落になってない話ですが。


なのでまあ、人材の育成だの、未来への投資だのと、本質から外れた頓珍漢なことを議論する前に、まず日本で働いてる人がおおむね不幸な現実を何とかしろや、ってことです。

お粗末様でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monokakizouhyou.blog25.fc2.com/tb.php/99-e01a255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。