ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC考察2 ネクストを支える技術 中編(AC4~ACfA)

 今回はネクストの防御機構であるプライマル・アーマー(PA)についてです。

 なお、例のごとくこの記事は公式設定でも何でもありません。


 プライマル・アーマー(PA)って?

 プライマルアーマーとは、AC考察1で紹介した、コジマ粒子(KP)を利用した防御機構です。
 以下、公式設定を引用します。

 コジマ粒子を安定還流させた防護膜(防御障壁)。
 多くの攻撃に対して、極めて高い防御力を発揮し、その威力を大幅に減衰、または無効化することができる。
 攻撃を受けることでコジマ粒子の安定還流が乱れると、防御効果は一時的に減衰するが、通常の装甲と異なり、自動的に回復する。
 欠点は、貫通効果の高い攻撃には比較的弱いことと、PA展開中のネクストは、コジマ粒子を大気中に放出し続けるため、
 周辺の環境に重大な汚染を生じさせる恐れがあることである。



 高濃度のKPを圧縮し、球状に安定させた、いわゆるバリアーです。こいつはあらゆる攻撃を受け止め、その威力を緩和あるいは無効化する機能を持っています。PAを装備しているだけで、兵器の耐久力は桁違いに向上します。ネクストなどはこのPAの恩恵によって、核攻撃にすら耐え切ったという設定もあります。

 まあその代わりに周囲にKPを撒き散らしまくる、はた迷惑な環境汚染源でもあるわけなんですが……

 以下に、そのPAの防御メカニズムを考察してみました。


 PAはネクストにアホみたいな耐久力を付与する防御兵器ですが、これはKPによって構成されています。
 KPを何らかの力(電磁場か磁場?)で収縮させ、機体周囲を還流させたものであると思われます。そして、PAが球形になるのはおそらく表面張力のせいであると思います。これは、先のKPがブラウン運動するという設定と、PAに弾力(斥力?)があるということと矛盾しません。KPがブラウン運動すれば空中を縦横無尽に飛び回るし、そのために反発力(圧力)が発生するためです。
 イメージとしては、ヘリウムの詰まった風船を思い浮かべてみると分かりやすいかもしれません。ヘリウムがKPで、風船が電磁場です。拡散しようとするヘリウム(KP)を、風船(電磁場)で無理やり球形に押しとどめているのかな、と思います。


 ネクストの全身には、PAの整波機構が備わっていると思われます。パーツごとにPA整波能力や減衰抵抗能力が設定されているのは、恐らくこのためであると思います。パーツごとの技術水準が異なるために、PAを保持する性能が異なっているのは非常に興味深いですね。
 この整波機構は、PAを保持するだけでなく、ネクスト自身の装甲をKPから保護する役割も持っているのではないでしょうか。そうでなければ、自らのKPでAPが減らない説明がつきませんし(高濃度の制御されていないKPは、劇中では装甲を侵食します。これは、先のKPが自発崩壊しエネルギーを放出する、という設定とも一致します)


 PAは制御されたKPの塊であり、弾力を持ちます。恐らく、PAは弾力によって弾を弾き返すだけでなく、内部に侵入した実体弾を、KPの崩壊エネルギによって破壊することで、砲弾の侵入を防いでいるのではないか、と考えました。超高速の砲弾の周囲は断熱圧縮(空気が圧縮されることで、温度が非常に高くなること)によって高温になっていますし、KPが崩壊しやすくなっていてもおかしくありません。
 攻撃を受けるとPAが眩しく発光する理由も説明がつきます。崩壊したKPが電磁波(光)を放出しているのではないかな、と。


 PAは運動エネルギーの少ない小口径弾を弾き返します。ただし、小口径弾はPAによく運動エネルギーを伝達すると思われますので(弾が貫通しない分、エネルギーの喪失が大きい)、PA減衰能力に優れている、と思われます。これは爆風に関しても同様です。爆風はKPを吹き飛ばすというオマケもつくでしょうが。
 これはゲーム中の設定、つまり小口径の弾(マシンガンやショットガン)や爆発する兵器(ミサイルやグレネード)が、PA減衰能力に優れていることと見事に一致します。そして、逆にPA貫通能力に劣ることも説明できます。


 高速で質量の大きい実体弾(ライフルやスナイパーライフル、スナイパーキャノン)に関しては、速度が速く砲弾が大きい分、弾力でも受け止めきれず、砲弾の破壊も間に合わないため、中のネクストまで攻撃が届いてしまうのではないでしょうか(ただ、それでも威力は落ちていますが) そしてそのため、PAはそれほど影響を受けないのでしょう。貫通しているのですから。
 これもゲーム中の設定、つまり大口径の弾(ライフルやスナイパーキャノン)はPA貫通能力に優れ、逆にPA減衰能力に劣ることと一致します。


 エネルギー兵器のPAに対する作用ですが、プラズマの影響は明らかですね。PAが重金属粒子の膜だとしたら、同じ粒子であるプラズマの影響を大きく受けるはずです。また、電磁場の乱れによって還流が妨げられ、整波効果も妨げられるでしょう。
 レーザーをPAが防げないのは、PAがほぼ透明(半透明)であることで簡単に説明できると思います。透明であるということは、電磁波(光)はほぼ素通しになっているということですから。また、光は速度が速いため、KPの減衰効果をもってしても、それほど威力を殺げないのではないでしょうか(殺ぐ前に通り過ぎてしまう)


 あと、あまり劇中でも語られていないPAの機能があるのですが、PAはKPの外部貯蔵タンクとしても機能している、ということです。
 OB使用時には、PA内の整流されたKPを吸い込むことで、莫大な推力を得られます。
 コジマ兵装の使用時には、PA内部のKPを電磁場などで圧縮することで攻撃に転じることも可能です。

 以上のことから、KPは安定した貯蔵しやすい状態と、整流された不安定な(エネルギーに変換しやすい)状態があるのではないでしょうか。
 ネクストのジェネレーターにあるKP出力というのは、タンクから供給されるKPを、整流できる時間当たりの量、なのではないかと思います(整流っつーのもようわからんですが。電磁波でも当てて励起させてるんでしょうか?)


 まだ続くよ。
スポンサーサイト

コメント

俺もたまにこういうの考察しますがやっぱたのしいですよねw
PAは粒子流体できっと遠心力と引力(磁力?)がつりあった状態で回ってるのかな?安定した状態ならエネルギーを持つのは膜になってる部分だけかそれとも?回すにしても遠心力で赤道のライン(イメージ)に粒子集まっちまわないか?回転のベクトルによっては2極にPAのない穴が開いちまわないか?ナルトの螺旋丸みたいに滅茶苦茶な回転をしてるのだろうか?とか結局形にならない想像で終わりますw

ってか雑兵さんすげぇwフロムで設定師になれますよwすげぇ説得力だ。

  • 2008/04/25(金) 12:44:43 |
  • URL |
  • エン #-
  • [ 編集]

あー、そうか、そこまでは考えてませんでした(笑)

確かに球として回転する以上、最も遠心力の強い部分(赤道)にKPが集まって、極付近は薄くなりそうですよね。
そこから考えると、やはりエンさんの言われているように、KPはPAの内部をかなり複雑な軌道を描いて循環しているのではないでしょうか。KP濃度の均一化という点でもそれが一番望ましいかな。

  • 2008/04/25(金) 18:54:36 |
  • URL |
  • 雑兵 #VWuLJ6.w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monokakizouhyou.blog25.fc2.com/tb.php/8-1620a325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。