ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルス戦闘機の脅威

今回はACと全く何の関係もないんですが、ステルス戦闘機というものについてお話したいと思います。

280px-071201-f-9999j-031.jpg



ハイテク&ハイコストの超高性能機として、ニュースにも度々取り上げられるステルス機。それって具体的にどんなものなんだろう? と思われた方も多いはずです。というか、今でこそそれなりの情報が出回ってはいますが、けっこう誤解とか憶測も多かったりするんですね。

そこで今回は、このステルス戦闘機とやらの実体と脅威についてせまって見たいと思います。


RCSとは

はい、表題にいきなり略語が出てきて驚かれた方も居られるかと思います。このRCSとは、ステルス機のステルス性能を決定付ける、重要なファクターのことです。

では、RCSとはなんなのでしょう?


 RCSとは(Radar cross section, レーダー反射断面積)の略語です。このレーダー反射断面積とは、レーダーへの映りやすさの度合いを表すものなのです。
ある物体にレーダー波を照射し、そのレーダー波の反射波が返ってきたときのエコーの強さを数値化したもので、㎡で表します(ただし、直接の面積を表しているわけではありません。この数字が大きいほど電波ステルス性が低く、小さいほどステルス性が高い、と考えてください)

 参考までに書くと、
 F-15のRCSは15~25㎡前後(ただし正面で400㎡)
 Su-27(フランカー)シリーズで15㎡前後
 F-16で1.2㎡前後
 F-22で0.0001㎡
 となっております。



ステルス機のヤバさ

さて、ではこの図を見てください。

(クリックで画像が大きくなります)
FA-22A-Radar-2005-APA.png



これは各種戦闘機の、RCSの増減における探知距離の変化を表したグラフです。縦軸がレーダー探知距離で、横軸がRCSの値を示しています。
ご覧のように、RCSが小さくなるほど探知距離が激減しています。


そう、ステルス機は、敵のレーダーに察知される距離が短くなるのです。
例えば、F-22のRCSの値は0.0001㎡前後ですが、それでグラフを見てみると。

(クリックで画像が大きくなります)
FA-22A-Radar-2005-APA 差分


 そのほとんどが10NM(ノーチカルマイル 1NM=1.8km)、つまり18km前後にまで激減してしまうのです。非ステルス機ならば、200km以上の距離で探知可能なはずのレーダーも形無しですね。



レーダー探知範囲の差


 上は、ステルス機と 非ステルス機の、レーダーの探知範囲の差を模式化したものです。このように、レーダーで探知できる距離と範囲にすさまじい差が出来てしまいます(範囲がコーン状なのは、戦闘機のレーダーは機首についているためです。つまり、横や後ろは死角になっています)

 そして、これの意味するところは明らかです。

ステルスのレーダーにおける優越性



 そう、ステルス機は非ステルス機を一方的にタコ殴りできるのです。いわば、透明人間と戦っているようなものです。機動性能がどうこうとか、武器の性能がどうこうとかいう次元ではありません。そもそもステルス機が見えないのにどうやって攻撃しろっていう話なのですから。そして、ステルス機からは相手が丸見えなのです。

 つまり結論として、非ステルス機はステルス機に逆立ちしても勝てない、ということになります。よくネット上で「F-22とSu-35のどちらが戦ったら強いか?」なんて議論がアホみたいに繰り広げられているのを見かけるのですが、結論は明らかですね。
 そう、F-22の圧勝です。フランカーは、ラプターになす術もなく撃ち落されてしまうでしょう(上のグラフではSu-35のレーダーの比較も出てますし)

 その証拠に、米空軍で行われたF-22とF-15との模擬空戦で、F-22は200:0という圧倒的なキルスコアを叩き出しています。F-15は200回以上も落とされたのに、ついにF-22を一回も撃墜できなかったのです。


ステルス機の戦術2


 上のように、ステルス機はレーダーを切っていても敵を捕捉できます。なぜなら、味方機とのデータリンクによって位置情報を得られるからです。そして万全を期すならば、ステルス機は敵機のレーダー探知範囲外から攻撃を加え、撃墜することになるでしょう。
 それに対し非ステルス機は相手の位置も速度も分からないため、反撃はおろか回避もろくにできないということになります。


 このように、ステルス戦闘機とは実に恐ろしい存在なのです。なぜ世界の国々がステルス機を開発しようとやっきになっているのか、その理由がお分かりいただけるかと思います>(そういえば、日本もF-22を手に入れようとやっきになっていましたしね)



スポンサーサイト

コメント

Su-35がラプターの攻撃を華麗に回避しながら接近、ドッグファイトで撃墜する…ガッシ、ボカ。ラプターは死んだ。スイーツ(笑)
闇夜でいきなり石投げられたら避けられないのと同じで、見えないものに回避も何もないんですよね

  • 2008/06/28(土) 10:13:37 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

F14の前では、すべての戦闘機は鉄屑になります(ハリウッド補正的な意味で)

  • 2008/06/29(日) 16:19:18 |
  • URL |
  • 杏仁 #-
  • [ 編集]

戦闘機好きな人ってほら、男の子ですから。
格闘戦に持ち込めば勝てる、みたいな浪漫やケレン味が捨て切れないんですね、多分。
遡ればゼロ戦(巴戦)とマスタング(一撃離脱)でも似たような比較をやっていますし。

実際のところ、ラプターは格闘性の点でも遜色は無いと聞きます。推力偏向ノズルを装備しているぐらいだし、プガチョフ・コブラとまではいかなくとも、まさか低いってことはありえないと思うんですが…。

そういえば、F-117ナイトホークのステルス性は、最初期の機体であるにも関わらず、現行ステルス機とほぼ同等のものを実現していると何かで聞いたんですが、そういうもんでしたっけ?

  • 2008/06/29(日) 22:26:02 |
  • URL |
  • 69式 #HfMzn2gY
  • [ 編集]

>闇夜でいきなり石投げられたら~
 そうですね、まさにステルス機との戦いはその通りのものです。何も見えない暗闇から、いきなりパンチが繰り出されるようなものです。ほとんどチートに近いですね。

>F14の前
 トップガン、マーヴェリックですね分かります。

>69式
 確かに、自分の好きな戦闘機が一方的にやられるだけ、なんて聞いて心穏やかではいられないんでしょう。ですが戦争というものは非情で、そんなけれん味なぞ一切関係ナシですしね。
 あと、ラプターの格闘性能はかつて勇名を馳せたSu-37ターミネーター(フランカーの改造デモ機)をも超えている可能性があります。少なくともエンジン推力は、フランカー系列どころか全世界の戦闘機をしのぐパワーがあります(でないとスーパークルーズなんて夢のまた夢ですし)
 それと、ラプターはコブラだけでなくクルビットも可能ですよ。デモ映像がようつべにも上がっています。
 F-117のお話ですが、そんなことはないです。確かに非ステルス機と比べれば非常にRCSは小さいですが、F-22やF-35よりかはかなり大きい値です。RCSの大きさを比較すれば「F-22>F-35=B-2>F-117」という感じです。やはり古い世代のステルス機ですし、最新鋭機には敵わないのでしょう。

  • 2008/06/30(月) 07:30:15 |
  • URL |
  • 雑兵 #-
  • [ 編集]

この前はどもでしたー
折角なのでここにも足跡をば・・・
雑兵さんの表に出てない一面を見れて大変素晴らしい時間をすごせました・・・^^

  • 2008/07/01(火) 14:54:29 |
  • URL |
  • わっと #8hOcCH0k
  • [ 編集]

ステルスのいいところはほとんど毎回先手が取れるところでしょうね

ところでよくSFにありますがステルス迷彩が戦闘機に採用されたら手がつけられませんね^^;

  • 2008/07/01(火) 18:56:14 |
  • URL |
  • レイプン #-
  • [ 編集]

>わっと
 ども、ご無沙汰しております㍗さん。PS3組の方、それも㍗さんに会えて、自分も有意義な筋間が過ごせました。
 それと表に出てない一面ってなんです? そんなの知りませんよー(・3・)

>レイプン
 ですね、まさにステルスの最大の優位性は「常に敵の先手を取れる」ところにあるわけです。
 それとステルス迷彩の話ですが、将来的に装備される可能性もなきにしもあらずです。F-18の実験機が、可視光域における低視認性を実現するための実験を行ったこともあるらしいですし(これは機体各所に小さなライトをつけて、機体にできる影を消すことで形を誤認させるという、非常に初歩的なものでした。ですが肉眼による視認可能距離が数分の一になったという話です)

  • 2008/07/01(火) 19:20:31 |
  • URL |
  • 雑兵 #-
  • [ 編集]

武装状態(機内ウェポンベイ)でスーパークルーズできる、というのもラプターの優位点の一つですにゃー。
より早く移動できるということは、敵のキルコーン(攻撃可能範囲)に踏み込むリスクを抑えつつ、敵を自分のキルコーンに捉え易くなりますし。

レーダーとステルス技術に関しては↓が面白いかもしれませぬ。
http://www10.atwiki.jp/fsx375/pages/97.html

唐突な書き込み失礼しました。ではでは。

  • 2008/07/03(木) 03:14:04 |
  • URL |
  • とおりすがった #PMoz9hdc
  • [ 編集]

>とおりすがった
 おー、実に面白い過去ログありがとうございます。しかしこんなものを引っ張り出してこれるということは……軍板の方ですね?
 スーパークルーズに関してはその通りだと思います。また、キルコーンへの入出という要素以外にも、相手から発射されたミサイルを回避するにも有用ですよね。ドラッグ機動なりビーム機動なりで運動エネルギを消費させるのにも使えるわけですし(IRミサイルのときは、ABが使えないから特に)
 しかしまあ、このログすげー。RCSの値がここまで詳しく載っているとは。しかも、「踊り」の概念は知っていましたが、それがこんな風に実地において適用されるものだとは知りませんでした、感謝。
 それと、True/False氏って誰だろう? って思ってたらTFR師匠だったんで吹いたw もっさり氏はもう軍板を引退しちゃったんですよね……TRDIでの仕事が忙しくなったか、もしくははたまた何か問題が起こったか……寂しい限りです。

  • 2008/07/03(木) 11:23:47 |
  • URL |
  • 雑兵 #-
  • [ 編集]

 はじめまして、ACwikiやニコニコ動画にてちびちびと活動している同志Bと申します。
 先日は自分の拙作をわざわざブログ上で紹介して頂き、ありがとうございましたorz (友人から知らされた時はリアルに噴きました)

 ステルスに関してですが、自分も無自覚な「低RCSで誰でもステルス」合唱団だったので、上記のログを見て認識を根底から覆された気分です。何事も勉強し続けることが大事ですね。

 何故ステルスの脅威がこれほどまで強調されているのに、欧州が本格的なステルス戦闘機に着手しないのか前々から疑問だったのですが、「低RCS機を有効活用するために必要な電子戦技術・ノウハウ」が米空軍ぐらいにしかないというのも重要な理由だったのですね。空自F-X選定に関しても、F-22J讃歌だった自分がちょっと恥ずかしいですorz
 レーダーや電子戦、ステルスなどについて改めて勉強しなきゃと思わされました。同時に、AC世界の空軍事情を考えるのがまた面白くなりそうです。

 いきなり長文で失礼しました。今後も定期的に覗かせてもらいますね。

  • 2008/07/05(土) 13:49:18 |
  • URL |
  • 同志B #AfKflbRw
  • [ 編集]

RCS下げただけじゃ意味が薄いんだ…ステルスって深い

戦闘国家のせいでフリゲートはラファイエットが最強!!!とか思ってた私は涙目ですww

  • 2008/07/05(土) 19:06:27 |
  • URL |
  • もぐりの名無しさん #-
  • [ 編集]

お返事遅れました、申し訳ない。

>同志B
 おー、こちらでははじめまして。あの動画の作者さんですね。
 いや、あの動画は面白かったですよw 自分の言いたいこととか、考えもしてなかったことが考察されていて、非常に興味深く鑑賞させていただきました。
 というか、やはりうちのブログを見ておられたのですね。動画中に使われていた画像に、ここに掲載していたものが載っていたのでもしかして、とは思っていたのですが。
 ともあれ、これからも頑張ってください。続きを待ってるんですよ?(笑)

>もぐりの名無しさん
 そうですね、このログを見る限り、ステルスには相手側へのELINT(電子情報収集)や抗電子手段が必要になるようです。
 また、この情報の信憑性は高いと思います。TFR氏は軍板のコテハンでして、自衛隊の技官の方です(おそらく空自関係者、技術研究本部に勤めておられると思われます) TFR氏の情報は非常に専門性が高く(中の人だから当然ですが)貴重だったのですが……引退が惜しまれるところです。

  • 2008/07/11(金) 05:41:09 |
  • URL |
  • 雑兵 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monokakizouhyou.blog25.fc2.com/tb.php/57-95cc9a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。