ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラスト紹介 「メイ・グリンフィールド」(ment氏作)

 はい、今回は実に素敵なイラストをpixivにて発見しましたので、ここに紹介させていただきます。

may・grinfield

        (クリックで画像が大きくなります)

 ment氏著作の、ACfAのリンクス「メイ・グリンフィールド」のイラストです。
 GA所属のNo.18、特徴的なエンブレム(左上のニコニコマークです)からついた俗称が「スマイリー」 フロム脳患者の方々に大人気な、年若い女性リンクスです。

 ment氏のHPはこちら
 http://www7a.biglobe.ne.jp/~listless/


 ……いやー、エロくないですか?
 なんというのか、おっぱい! としかいえないこのぴっちりスーツとか、すんごいナイスバディなプロポーションとか、それに反して幼い顔立ちとか。
 そーいえば、このピッチリスーツはリンクス専用のパイロットスーツなんだろうなあとか、ヘルメット被るときは髪をまとめるか結い上げるんだろうなあとか、この全身が衝撃吸収ジェルまみれになってそれなんてエロゲ? ってなことを妄想したり。

 ウホッ。

 ごめんなさい、ちょっと取り乱してしまいました。
(なお、このイラストの著作権はment氏にあります。転載も許可を頂いて行っております)


 んでは、今回はmentさんからのリクエストもあったことですし、メイについて、自分なりに考察をしてみようと思います。
 なお、設定は自分の小説(The Origin)に準拠するものとします。ので、公式設定ではまったくありません、完全な空想ですのであしからず。


 メイ・グリンフィールドってどんな子?


 まず、「メイ・グリンフィールド」が自分の小説の「メイ」と同じであると仮定して話を進めます
(これについては、この記事でちょこっと触れました)


 SEED A HOSTILE EARTHで、ジョシュアによるアナトリア襲撃を生き延びたメイは、その後GAの救助隊に救われたのかもしれません。
 GA本社としては優秀なコジマ・ネクスト技術者を多く欲していたでしょうし、人道的というよりは、自社の利益からアナトリアの救助活動を率先して行った可能性があります。案外、リンクス戦争後のGAのコジマ・ネクスト技術が大きく進歩したのは、この辺に原因があるかもしれませんね。

 アナトリアにいたダンカン夫妻の子供であるメイが、AMS適性保有者だったというのは、ものすごい偶然です。というか、それではひどいご都合主義になってしまいますね。
 この点では、案外メイは、ダンカン夫妻の実の子供ではなかったのかもしれません。
 ダンカン夫妻は優秀なネクスト技術者であり、その養子(かもしれない)であるメイがAMS適性を持つ。

 これについて、一つの話を考えてみました。

 どこぞのAMS研究機関に勤めていたダンカン夫妻は、メイを連れてそこから逃げ出したのではないでしょうか? 被験者として預けられていた幼いメイに情が移り、実の子供として育てるため、そして非人道的な実験からメイを守るために逃げ出し、アナトリアに転がり込んだ、そういう話が考えられます。

 そしてアナトリア壊滅後、GAに助け出されたメイは、生きるために自らリンクスとしての道を歩みだしたのではないかと。

 メイがリンクスとして生きることを決意した裏には、アレンの影響もあったかもしれません。アナトリアを守ってくれた一人の傭兵、そして自分が兄と慕ったアレンの面影が、彼女にリンクスとして生きる道を選択させたのかも。
 そう考えると、少し面白いかもしれないですね(笑)


 で、肝心のメイの人となりですが。作中の言動から考えるに、かなり快活な人柄がうかがえます。
 「盾にしてね」とか自分の機体の特性をうまくつかんでいるところや、中々の戦闘能力を持つところからも、優秀なリンクスであることが分かります。GAも、彼女には一定の評価を下しているようです。

 しかし、一番重要なのは、上のイラストのおっぱ(ry

 失礼しました。

スポンサーサイト

コメント

メイは一目見たときから育つ子だと思いましたね。いろんな意味で^^

  • 2008/04/28(月) 07:37:02 |
  • URL |
  • GA救助隊員 #-
  • [ 編集]

>GA救助隊員
 はじめまして救助隊員さんw
 いやー、このイラストのメイ可愛いですよね。なんといってもおっぱ(ry
 強い子に育ってくれていたら、作者としてはなにもいうことはないのですが。

  • 2008/04/28(月) 09:03:25 |
  • URL |
  • 雑兵 #VWuLJ6.w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monokakizouhyou.blog25.fc2.com/tb.php/18-db09179b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。