ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC考察6 メノ・ルーってどんな子?(AC4)

 えー、第六回となりますAC考察。今回は自分の新しい小説の主人公、メノたんについてです。

 公式情報もごく少なく、劇中での描写もひどく少ない彼女。一体どんな人間なんだろう? ということで、妄想の翼を目いっぱい広げてみて自分なりに考えてみました。



 メノ・ルーとは


 はい、メノさんです。AC4ではGA最強のリンクス(でもナンバーは10)であり、重装甲の悪魔超人(GA標準機体サンシャインの俗称です)をベースとしたネクスト、プリミティブライトを駆るおにゃのこです。
 その火力はびっくりするほど高く、特に閉鎖空間における強さは反則級です。両肩に積まれた大型ミサイルは、今まで何人ものリンクスを蒸発させてきたことでしょう。

 以下、公式設定を引用します。

 GA最強のオリジナル。同社の切り札
 大艦巨砲主義の象徴たる重二脚機体を操る彼女は
 真摯な根本主義者であり、戦いにまったく迷いがない



 最後に根本主義者って書かれてますけど、なんのこっちゃ? と思った方も多く居られたはずです。というわけで、ちょこっと調べてみました。

 以下、ウィキペディアから引用

 キリスト教根本主義(キリストきょうこんぽんしゅぎ、英語:Fundamentalist Christianity,Christian fundamentalism)は、19世紀から20世紀初頭の、保守的な福音主義(w:Evangelicalism)のキリスト教徒による、イギリス連邦とアメリカ合衆国のプロテスタントの中の運動である。彼らは自由主義神学に対し、キリスト教の基本的な信条を主張した。


 はい、これでも何のことやらという感じですが、簡単にまとめると、この一言で表すことができると思います。
 すなわち「キリスト教原理主義者」です。

 ……こう書くと、かなりおっかない感じがしますね。なんだかテロリストのかほりがプンプンします。

 まあ、それは大げさにしても、そもそも原理主義っていうのは、宗教における原典(聖書とかコーラン)を絶対視し、実際の生活や人生をもそれに合わせる教義、主義の事をさします。というわけで、原理主義者全てがテロリストというわけではないです。原理主義者の中の、さらに過激派・武闘派と呼ばれている人たちがテロリストになっちゃっているだけのことです。


 さて、メノは根本主義者であるということですから、キリスト教、それもプロテスタントの熱心な信者であることが分かると思います。恐らくは、日常の生活も聖書に合わせた、質素で厳しいものなのでしょう。なんだかシスターさんみたいですね(シスターはカトリックらしいですが)


 しかし、ここまで分かっても、メノの人となりや性格までは分かりません。そうして自分が悩んでいるうちに、救いの手が意外なところから差し伸べられました。
 それは、これと、これです。

 ……いやー、凄いですね! メノのイメージが一発で固まりましたよ。リン糞氏、本当にありがとうございました。それと勝手に引用しちゃってごめんなさい。

 というわけで、根本主義者で、厚着キャラで、さらにガンコという要素が出揃いました。
 自分のメノのキャライメージは、このリン糞氏の漫画をまんま使わせていただいています。常にマントとケープ状の服をまとった、年若い少女という感じです。髪の毛も長くて、目元まで隠れてしまうほど。

 ここから考えるに、メノはきっと物すごく真面目で、日々の生活を質素かつ堅実にしている女の子なのではないかな、と思いました。毎週日曜日になると、教会に礼拝に行っているのでしょう。もしかすれば、ロザリオを常に肌身離さず身に着けているかもしれませんね。

 真面目で、GA最強のリンクスである彼女。恐らくは気負うところも大きいでしょう、プレッシャーも並々ならぬものであるはずです。人前に出ることも多かったかもしれません(なにぶんリンクスは企業の力の象徴、それも大企業GAの最高のリンクスなのですから) そのため、彼女は笑うこともあんまりないのではないかな、と。常に人に見られていると感じれば、感情を表に出すことをためらうと思います。それに思春期真っ盛りですしね。

 また、メノは劇中で「諦めて、お願い!」 というセリフを言います。これは、自分が殺そうとしているプレイヤーや、その他の兵士に向けた言葉です。ここからも、メノの生真面目さ、そして心優しい少女としての葛藤が伝わってくるのではないかと思います。

 GA最強のリンクスであり、表向きは感情を表には出さないが、実は普通の心優しい少女。だが、己の役割と、実際の本心との間で葛藤する女の子。


 そんな感じだったらいいなー、ということで、今回の考察は終わりとさせていただきます。

スポンサーサイト

コメント

キリスト教信者はロザリオは持ち歩かないみたいで、そう軽々と人目につけさせないようですよ。
普段はタンスとか人目につかない所にしまっておいて、礼拝の時だけ外に出して教会に行くという感じです。
日本では一般的にはロザリオはアクセサリーとしての側面がありますが、国外に行く時は外すべきでしょうね。
熱心な信者にとってはキリスト教への冒涜と捉えられることもあるそうですし。

  • 2009/06/29(月) 23:03:01 |
  • URL |
  • シカリ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monokakizouhyou.blog25.fc2.com/tb.php/15-10120c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。