ものかき雑兵日記

アマチュアでライトノベルを書いたりしている、へぼい物書きのブログです。当ブログでは小説に関する話題や、AC(アーマードコア)に関する話題などを掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の会社組織の硬直化と日本の労働環境の劣悪さが、イノベーションを阻害する

今回は珍しく、社会的な考察について書きます。

【“日本の会社組織の硬直化と日本の労働環境の劣悪さが、イノベーションを阻害する ”の続きを読む】
スポンサーサイト

第26回ファンタジア大賞に応募しました

表記の通りです。

以前に脱稿をお伝えした「ENCOUNTER」を第26回ファンタジア大賞に応募しました。
ジャンルはSF、ペンネームは「新高信二」です。


さて、どこまでいけるやら……
(選評がもらえるので、できれば一次は突破して欲しいところですが)

以上です。

小説における「戦闘シーン」は、必ず物語に寄与するものでなければならない

よく、小説(に限らず色んなエンターテイメント)を見ていて、戦闘がつまらない作品に出会うことがあります。

では、なぜ戦闘がつまらなく感じてしまうのでしょうか?

戦闘シーンが稚拙だから?
登場人物のセリフ回しが下手だから?
けれん味のあるギミックや技巧が生かされてないから?

私はこのどれも違うと思います。

なぜ戦闘シーンがつまらなく感じるのか、それは
「その戦闘シーンの中で物語が進展していない≒登場人物たちのドラマが進展してない」からであると私は考えています。

誰それが互いに戦って、どちらかが勝って、負けて、そうした事実が羅列されているだけの戦闘シーンというのは、非常に退屈です。
なぜなら、読者(私も含め)は戦闘そのものを話の中に求めているのではなく、戦闘によって動いてゆく物語、ひいては登場人物の心情や、人物同士の交流や軋轢を求めているからです。

退屈な戦闘シーンというのは、往々にして物語が停滞しています。ぶっちゃけあってもなくても同じようなものです。あってもなくても同じなら、読まなくて済む分戦闘シーンそのものが無い方が遙かにマシです。

つまり逆に言えば、その小説において戦闘シーンを出したいのなら、その戦闘シーンが物語において必須のものでなければならない、ということです。
(これは他の、戦闘以外のシーンについてもいえることですが……物語に寄与しないシーンは蛇足であり、贅肉でしかありません。小説におけるシーンというものは、その全てが物語に寄与しているべきであり、またそうさせるべきなのだと考えています)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。